EMCソリューション

電磁界測定および電磁波の可視化測定に対する要求は、LSI内部の微細領域の測定から、車輛など大きな機器の測定まであります。弊社では、それぞれの要求にあったスキャナを準備しています。LSI内部測定用、電子回路基板用、車輛測定用など、弊社開発の近磁界プローブや小型3軸センサー等の組み合わせで、様々な測定環境に対応した電磁波ノイズ計測の提案が可能です。

製品について詳しい説明をご希望の方は、いつでもお気軽にご連絡ください。

製品情報

WM7400 (A4サイズまでの測定が可能)

WM7400
WM7400は多彩な測定モードを持ち測定対象物を選びません。測定出来る最大の大きさは、A4サイズまでになっています。プリント基板には画像設定モードで簡単測定、微小部品には治具設定モードで精密測定、ケーブルや定型外の物はポイント設定モードなどをご用意しています。取得したノイズマップは、測定物の写真と重ねわせが可能です。 CISPR22対応。特許出願中
詳細はこちら

WM7300 (A3サイズまでの測定が可能)

WM7300
WM7300は多彩な測定モードを持ち測定対象物を選びません。測定出来る最大の大きさは、A3サイズで、高さ200mmまでの物を測定可能です。また、長尺のケーブルや大きなプリント基板等のWM7400では測定出来なかった大きさ測定物を測定可能です。測定空間での電磁波の放射パターンなども確認出きます。また、取得したノイズマップは、測定物の写真と重ねわせが可能です。
詳細はこちら

WM5100 (高分解能測定用)

WM5100
設置や移動がたやすい外観サイズ(A3サイズ)の小型スキャナーで、X,Y,Z軸ステップ分解機能が最少2μmと高分解能のスキャナーです。 専用高感度近磁界プローブMT-545を取り付ける事が可能です。 測定範囲は、50mm(X軸)×50mm(Y軸)×50mm(Z軸)の範囲となります。また、取得したノイズマップは測定物の写真と重ね合わせが可能です。
詳細はこちら

WM9000(大型サイズ測定用 1m×1m×1m)

WM9000
WM9000は、多彩な測定モードを持ち測定対象物を選びません。測定出来る最大の大きさは、1m(X軸)×1m(Y軸)×1m(Z軸)までとなっており大型の機器の測定などが可能です。 携帯電話、無線機器、車両等から放射される電磁波の放射パターン測定や、大型ディスプレーや大型家電機器からの放射電磁波の測定も可能です。
詳細はこちら

WM9010(車輛測定用)

WM9010
WM9010は、車輛からの電磁波を測定する事ができるスキャナーです。測定モードとしては、空間電磁波測定、突き当て式ノイズ測定、天井測定、車底測定モードなどがあります。
詳細はこちら

WM9500(3次元空間電磁界可視化システム)

WM9500
3次元空間電磁界可視化システムWM9500は、形状が複雑な被測定物から放射される電磁ノイズを直感的な手持ち操作で測定できるシステムです。ロボット使用時のようなティーチングは不要です。自動車のエンジンルーム、医療機器、介護ロボット、大型ディスプレー、電車などが対象となります。測定距離は最大5メートルまで可能です。測定時のノイズマップのマス目は1~10層以上(任意に設置可能)になっており、1層ごとにノイズの分布を測定することが出来ます。
また、3次元測定が可能なため、取得されたX(横)、Y(奥行き)、Z(高さ)座標に基づき、X―Z、X―Y、Y―Zの各平面でのノイズの放射パターンを表示することができます。これにより、ノイズの発生場所、放射方向、周波数成分と強弱の分析が可能になります。お手持ちのアンテナやセンサーを使っての測定が簡単に出来ます。
(日刊工業新聞に掲載http://www.nikkan.co.jp/saisai/130104.html
詳細はこちら

3軸小型磁界センサー

3軸小型磁界センサー
3軸小型磁界センサー
3軸小型磁界センサー
AM帯やFM帯のノイズや、キーレスやスマートキーのデータ通信の電磁波を測定する事ができます。
センサーはφ50mmと非常に小型で、測定時には高い空間分解能を持っています。
また、低周波の電磁界が人体に与える影響に関して、国際非電離放射線防護委員会(ICNIRP)が「商用周波数磁界下における人体曝露のレベル値」を設定し、国際電気標準会議(IEC)や日本工業規格(JIS)において測定方法および基準が定められています。 家庭電気製品については、これらIECやJISによって規格や測定方法がすでに決まっていますが、今後、自動車の主流になると思われるハイブリッド車や電気自動車においては、車両内外における低周波電磁界の人体暴露に関する規格および測定方法について各自動車メーカで検討段階にあり主にハイブリット自動車や電気自動車などに適応され、車両内外に生じるハイブリット車や電気自動車の電磁波の大きさや発生場所を特定し、人体に対する影響の度合いを軽減するような対策を各自動車メーカが的確に行えるようになります。それらの確認用もしくは対策用として、10Hz~の超低周波小型3軸磁界センサーもご提供可能です。

○ MT-605 小型3軸磁界センサー 周波数範囲 : 100kHz~
○ MT-666 小型3軸磁界センサー X、Y、Z軸 3軸分割出力 周波数範囲 :100kHz~
○ MT-674 超低周波小型3軸磁界センサー X、Y、Z軸 3軸分割出力 周波数範囲 :10Hz-400kHz
詳細はこちら
ページトップへ