5Gアンテナカプラ


    

600MHz-6GHzアンテナカプラ(FA-600/FA-600N(NFCモデル))

移動体通信の周波数(800MHz、1.5GHz、1.7GHz、2GHz,など)の他に、第5世代移動体通信システム(通称:サブ6GHz)で使用予定の周波数を網羅した小型広帯域(600MHz~6GHz)対応のアンテナカプラです。

弊社の28GHz帯アンテナカプラまたは、43GHz対応アンテナカプラと組み合わせることで、携帯移動体通信が網羅するすべての周波数に対応する試験システムが、卓上サイズのシールドBOXで構築することができます。

また、NFC搭載モデルもラインナップ。NFC試験も同時に行えます。

仕様

Model number FA-600 (normal model)、FA-600N (NFC model)
Frequency band 600MHz to 6GHz
V.S.W.R 1.8 or less
Polarization plane Linear polarization
Maximum power 5W or less (at CW)
Connector SMA-J、MiniUSB (NFC installed model)
Exterior Flame-retardant ABS resin
Dimension 23.5(H) x 80.6(W) x 100.6(D) mm

3.5GHz – 5GHzV・H対応アンテナカプラ(FA-706S)

FA-706Sは、3.5GHz-5GHz帯に対応したSUB6GHz用アンテナカプラで、水平偏波用カプラを2つ、垂直偏波用カプラを2つの計4つのカプラを内蔵しており、各々の偏波での通信試験はもちろんのこと、簡単なMIMO試験もコンパクトに実現できます。

仕様

Model number FA-706s
Frequency band 3.5GHz to 5GHz
V.S.W.R 2.0 or less
Polarization plane Horizontal polarization x2
Vertical polarization x2
Maximum power 5W or less (at CW)
Connector SMA-J
Exterior ABS
Dimension 58(H) x 58(W) x 16(D) mm

24GHz – 43.5GHzアンテナカプラ(FA-290/FA-291、FA-430/FA-431)

測定物にカプラを密接して使われることに重点をおいた、スタンダードサイズの第5世代移動通信システム用ミリ波高性能アンテナカプラです。結合特性の平坦化と全反射時のVSWRの乱れを吸収することにより、EVM(RMS)値を改善し、OTA測定に威力を発揮します。

24GHz~29.5GHzモデルと、24GHz~43.5GHzモデルをご用意し、それぞれ大小サイズの計4機種をラインナップしております。

仕様

Model number FA-290/FA-291、FA-430/FA-431
Frequency band 24GHz – 29.5GHz(FA-290/FA-291)
24GHz – 43.5GHz(FA-430/FA-431)
V.S.W.R 1.8
EVM(RMS) 1.2% or less(28.5GHz)
Polarization plane Linear polarization
Maximum power 1W or less (at CW)
Connector 2.92mm
Exterior Flame retardant ABS resin

結合特性

FA-290対向結合

全反射時反射減衰特性

FA-290 5mm厚アルミをカプラ面に置いた時

シールドボックス用アンテナカプラ(FA-506S/FA-529S/FA-543S)

シールドボックス専用に開発した超小型アンテナカプラです。森田テックのアンテナカプラの最大の特長である近距離測定を可能にする性能はそのままに小型化したもので、弊社製シールドボックスとセットでの販売としております。どの周波数でも共通のサイズで設計してあるので、付け替えるだけで、異なる周波数に容易に対応することができます。

Frequency band 3.5GHz – 5GHz(FA-506S)
24GHz – 29.5GHz(FA-529S)
24GHz – 43.5GHz(FA-543S)
V.S.W.R 2.0(FA-506S)
1.8(FA-529S/FA-543S)
EVM(RMS) 1.2% or less(FA-529S 28.5GHz)
Polarization plane Linear polarization
Maximum power 1W or less (at CW)
Connector SMA(FA-506S)
2.92mm(FA-529S/FA-543S)
Exterior ABS
Dimension 58(H) x 58(W) x 16(D) mm

FS-1801端末用途向け搭載例 FA-529Sx32個

FS-1801モジュール用途向け搭載例 FA-529Sx17個

FS-1905搭載例 FA-543Sx9個

28GHz帯円偏波アンテナカプラ(FA-520C)

FA-520Cは円偏波の28GHz帯アンテナカプラで、水平・垂直の両偏波を1つのカプラで受けることができ、簡易送信モニタや、ビーム到来試験などに活用することが可能です。また、簡易端末試験機に採用することで省スペース化が実現可能です。

Model number FA-520C
Frequency 24.5GHz – 29.5GHz
V.S.W.R 2.0
Maximum power 1W
Polarization plane Circular polarization
Connector 2.92mm
Dimension 16(H) x 26(W) x 19(D) mm

異偏波結合周波数特性/リターンロス特性

28GHz帯V・H対応アンテナカプラ(FA-729S/FA-743S)

FA-729S、FA-743Sは弊社アンテナカプラのスタンダード品であるFA-291、FA-431の性能をそのままに、水平偏波用カプラを3つ、垂直偏波用カプラを2つの計4つのカプラを内蔵しており、各々の偏波での通信試験はもちろんのこと、簡単なMIMO試験もコンパクトに実現できます。

Model number FA-729S/FA-743S
Frequency 24.5GHz – 29.5GHz(FA-729S)
24.5GHz – 43.5GHz(FA-743S)
V.S.W.R 1.8
Maximum power 1W
Polarization plane Horizontal polarization and Vertical polarization
Connector 2.92mm
Dimension 43(H) x 43(W) x 16(D) mm

同偏波結合周波数特性/異偏波アイソレーション特性

SUB6GHz帯 / 28GHz帯V・H対応アンテナカプラ(FA-862S)

水平偏波・垂直偏波に対応した SUB6GHz帯(3.5GHz-4.9GHz)と28GHz帯アンテナカプラを組み合わせて1台に凝縮したアンテナカプラです。FA-862Sは、SUB6GHz帯、28GHz帯どちらの周波数帯共に水平偏波、垂直偏波各々のカプラを内蔵しており、両周波数帯の試験をコンパクトに実現することが可能になります。

Model number FA-862S
Frequency SUB6GHz band  3.5GHz – 5GHz
28 GHz band 24.5GHz – 29.5GHz
V.S.W.R 2.0
Maximum power 1W
Polarization plane Horizontal polarization and Vertical polarization
Dimension 58(H) x 58(W) x 16(D) mm

同偏波結合周波数特性/異偏波アイソレーション特性

V・H対応アンテナカプラ(FA-606S/FA-629S/FA-643S)

1つのアンテナカプラで水平偏波・垂直偏波に各々対応しサブ6GHz帯(3.5GHzから5GHz)と、28GHz帯(24.5GHzから29.5GHz)と、 28GHz帯から43GHz(24.5GHzから43.5GHz)までそれぞれカバーしたアンテナカプラです。

水平偏波、垂直偏波各々のカプラを1台に内蔵したことで、試験をコンパクトに実現することが可能になります。

Model number FA-606S/FA-629S/FA-643S
Frequency S3.5GHz – 5GHz / 24.5GHz – 29.5GHz  /  24.5GHz – 43.5GHz
V.S.W.R 2.0
Maximum power 5W(CW)
Connector SMA(FA-606S) / 2.92mm(FA-629S、FA-643S)
Polarization plane Horizontal polarization and Vertical polarization
Dimension 50(H) x 92(W) x 16(D) mm (FA-606S)
33(H) x 60(W) x 16(D) mm (FA-629S、FA-643S)

カプラ間(V-H)アイソレーション特性