アイコン

RF技術とメカトロニクス
テクノロジーで
未来を創造する

MoritaTech’s Solutions

森田テックが提供する
ソリューション

5Gソリューション

5Gソリューション

第5世代移動通信システムに対応した「5G測定コンポーネント」が新登場。帯域別のアンテナカプラをはじめ、シールドボックス、 レベル検出器、周波数コンバータなど、多数のソリューションの用意があります。現在、その先の次世代移動通信(6G)に対応した製品も開発中です。

詳細はこちら
シールドソリューション

シールドソリューション

大きさや形状、規格などすべてカスタム受注し、お客様にとって最適、最良な製品を1台から製造します。 ハンドインタイプや検査用アンテナ組み込みシールドボックス、5G評価用など「+α」の機能や要素を付加した、カスタムメイドのシールドボックスを提供します。

詳細はこちら
RFソリューション

RFソリューション

カスタムメイドの高周波スイッチボックスを提供可能で、制御もUSB制御やLAN制御での切替可能です。 また、10Hzからの測定を可能とする低周波アクティブ磁界センサー、さらに光学磁気結晶を利用した光磁界センサー、光プローブなど充実の製品ラインナップをご用意しています。

詳細はこちら
EMCソリューション

EMCソリューション

電磁界測定及び電磁波の可視化測定に対する要求は、LSI内部の微細領域の測定から、車両など大きな機器の測定まであります。弊社では、100μmステップのスキャナから、10m規模まで測定可能な3次元空間電磁視界可視化システムのご提供により、LSI・プリント基板・電子機器・車両測定などに対応しています。弊社開発の近磁界プローブや小型3軸センサー等の組み合わせで、様々な測定要求に対応した電磁波計測の提案が可能です。

詳細はこちら

Custom Solutions

カスタムソリューション

森田テックは基幹技術を組み合わせて
お客様の問題解決をお手伝いします。

Company Profile

会社概要

東京都稲城市にある弊社の紹介です。

詳細を見る

Solution Case

ソリューション事例

事例をすべてみる

WM9000 EMCノイズ測定システム 大...

大型電子機器、ロボット、自動車などを近傍電磁界(電界/磁界)測定プローブでスキャンすることで、電磁界の3次元分布の可視化を行うシステムです。

WM9020 クリアランスソナー可視化シス...

WM9020クリアランスソナー強度可視化システム

WM7700 部分放電可視化システム

インパルス巻線試験機の高電圧印加時に発生する「部分放電」による電磁波を検出し、放電発生個所を特定、可視化するシステムです。

事例をすべてみる

New Products

新製品情報

【新製品】28GHz帯小型周波数コンバータ FSC-2824 【デモ機貸し出し可能】

小型周波数コンバータ FSC-2824はSub6GHz帯スペアナで5G 28GHz帯域のパワー測定を実現します。 ・28GHz帯を3.8GHz帯にダウンコンバート ・USBバスパワー動作 ・LO信号源内蔵 FSC-2824 主な仕様 ・ミリ波入力周波数: 26GHz to 30GHz ・LO周波数: 24.125GHz typ. ・Conversion loss : 15dB to 19dB typ. ・電源USBバスパワー: +5V(micro-USB or C) ・サイズ: W100 x H40 x D140 mm 28GHz帯小型周波数コンバータ FSC-2824カタログ FSC-282 …

この製品の詳細をもっとみる

新製品情報をすべてみる

News

新着情報

EVENT

ワイヤレス・テクノロジー・パーク(WTP)/ワイヤレスジャパン2022に出展いたします。ご来場心よりお待ちしております。

日時:2022年5月25日(水) ~ 5月27日(金) 会場:東京ビッグサイト 西3F ブース:A05 ≪詳細・事前登録はこちら≫ ⇒ https://www8.ric.co.jp/expo/wj/ 新製品・新技術を出展し、皆様のご来場、ブースお立ち寄りを心よりお待ちいたします。 【4×4 MIMO 最大スループット計測実演(5G Sub6GHz帯)】 アンリツ様ご協力により、「4×4 MIMO最大スループット計測実演」を出展いたします。 アンリツ社基地局シミュレータMT8000と小型OTA(Over The Air)試験環境(シールドボックス)にて内の4×4 M …

INFORMATION

5G FR2ミリ波帯広帯域対応アンテナカプラ FA-595S開発(24-67GHz)

森田テック株式会社は、24.5GHzから67GHzまでを、1台で対応出来る直線偏波アンテナカプラ FA-595Sを開発致しました。 5Gミリ波帯で想定されている周波数を広範囲に網羅したことにより、周波数毎にカプラの切替をすることなく測定することが出来ます。 特に米国での、47GHz帯(2020年3月に割当)、60GHz帯(免許不要利用)でのOTA試験をサポートします。 カタログ資料ダウンロード

INFORMATION

【新製品】28GHz帯小型周波数コンバータ発表 LO信号源内蔵 USBバスパワー動作

5G FR2 28GHz帯域のパワー測定を6GHz帯スペアナで実現 ・28GHz帯を3.8GHz帯にダウンコンバート ・USBバスパワー動作・LO信号源内蔵   FSC-2824 主な仕様 ・ミリ波入力周波数: 26 GHz to 30 GHz ・LO周波数: 24.125 GHz typ. ・Conversion loss : 15dB to 19dB typ. ・電源USBバスパワー: +5V(micro-USB) ・サイズ: W100 x H40 x D140 mm デモ機セット無料貸し出し開始 ・デモ機セット内容 -FSC-2824 周波数コンバータ -FA-291 28GH …

新着情報一覧